お知らせ

スマートスクール実証事業とは

 下記の二つの事業を一体的に行っています。

 

◇文部科学省「次世代学校支援モデル構築事業」

 校務の情報と児童生徒の学習記録データ(学習履歴や学習成果物等の授業・学習の記録)等を有効につなげ、可視化することを通じ、教員による学習指導や生徒指導等の質の向上や学級・学校運営の改善を資することを目的とした実証を行うもの。

詳細はこちらを     

 

◇総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」

 児童生徒や教職員が教室、家庭等で授業や自己学習に利用する「授業・学習系システム」と教職員が職員室等で出欠管理や成績評価等に利用する「校務系システム」との間の安全かつ効率的な情報連携と、当該連携により生成されるデータの効果的活用を実現するシステム(スマートスクール・プラットフォーム)についての実証を行うもの。

詳細はこちら

本校の具体的な取組 

 

電子黒板やタブレットを使った授業の推進

教職員タブレットによる出欠席確認やデジタル採点などの校務支援

学習履歴等を効果的に活用した生徒カルテの作成